ベーシックピステとウィンドブレーカーの違いについて

ランニングやスポーツをするときにアウターとして着用するベーシックピステとウィンドブレーカーですが、ふたつとも風による体温の低下を防ぐものです。では一体どんな違いがあるのでしょうか。

ベーシックピステとは

着用して動くと、シャカシャカと音がするピステはポリエステル素材を使用しています。シャカシャカと呼ぶ人もいるほど、その音が特徴です。

肌寒いときなどに羽織るアウターとしてサッカーをする人たちがよく着用しており、サッカープレイヤーのマストアイテムといえます。

その種類は豊富で、薄手で風が直接あたらないというだけのものや、内部の空気を温めるために内部がメッシュになっているタイプもあります。寒い日の防寒着として着用できる裏起毛のタイプもあってバリエーションが豊かです。

ベーシックピステのデザインの特徴

ベーシックピステにはボタンやファスナーがついていませんので、着るときは頭からかぶります。スキー用のかぶるジャケットから発展したものです。

スポーツで転んだ場合、金具が身体に当たることもないので相手を傷つけることはありません。

胸トラップするときも痛くならないので、スポーツの練習時にはバッチリです。撥水性もよいので、多少の雨にも強く、汚れてしまっても、洗ってもすぐに乾くのも嬉しいポイントです。

ウィンドブレーカーとは

その名のとおり、風よけで防寒を一番の目的としています。さまざまな種類がありますが、トレーニング用のウィンドブレーカーには軽量で風を通しにくいナイロン素材を用いたものが多く、表面には撥水加工がしてあります。

肌と接する部分は肌当たりがよくなるよう裏地がついたタイプもあります。蒸れないように、ベンチレーター透湿フィルムがついているものもあり、ベーシックピステに比べるといろいろな機能が採用されています。

ウィンドブレーカーについているフードやトップスとおそろいのボトムスのセットで販売されているものも少なくありません。

ウィンドブレーカーのデザインの特徴

ウィンドブレーカーは前開きになっていて、身ごろにファスナーがついています。かぶって着るベーシックピステに対し、着たり脱いだりするのが簡単なので、スポーツやトレーニングだけでなく、イベントスタッフのユニフォームとしても使われています。

ベーシックピステもウィンドブレーカーも各メーカーこだわりの商品がいろいろと出ています。目的に応じて、好みのものを着用してみてください。