防寒を目的としたベーシックピステの特徴と選び方

ベーシックピステはユニフォームの上から着る防寒着として着ることが多いですが、素材や袖丈によっては、あまり防寒に適していないものもあります。今回は様々な種類のベーシックピステがある中で、
防寒に適しているものの選び方を中心に紹介していきます。

防寒できるベーシックピステの素材とは

ベーシックピステの表地はポリエステルで作られているものが多いですが、裏地がメッシュ素材だったり起毛していたりと異なるものがあります。メッシュ素材は主に暑い季節におすすめで、通気性が良く、汗をたくさんかいても蒸れにくく、快適に着ることができます。反対に起毛しているものは寒い季節に
おすすめで、体を温めてくれる保温効果があります。ただ、注意した方がいいのは、起毛素材だと汗をかいた時に中が蒸れやすいので、長時間着るのは避けた方がいいでしょう。

素材以外でも防寒に適しているかどうかを見極めるポイント

ベーシックピステで素材以外に、防寒に適しているかどうかを見る時は袖丈にも気を付けます。
大切なのは自分の体に合っているかどうかサイズを確かめることなので、購入の時には一度試着してみることをおすすめします。サイズや袖丈が合っていなければ丈が短くなってしまい、しっかり防寒できない可能性も出てきてしまうからです。サイズは自分の体のサイズよりも少し大きめのものを選んだ方が温かみもあるのでおすすめです。また、袖口のゴム部分が緩んでおらず、きちんと締まっているものが外からの冷たい空気を妨げられます。

防寒に適したベーシックピステを通販で購入する時に気を付けること

ベーシックピステは通販サイトでもたくさん売られています。通販は、いつでも手軽に利用できて、
いろいろな種類の中から検討して選べることがメリットですが、届いてみるとイメージしていたものと
違ったりして失敗してしまうことも多いです。通販での購入では、購入者のレビューも見て、どのようなものかと実物のイメージを明確にすることと、サイズや商品写真をよく見ることが大切です。それでも不安な場合はお店に問い合わせて聞いてみるという方法もあります。

まとめ

ベーシックピステを購入する時は、防寒に適しているかも大切ですが、運動する時に着ることが多いので、動きやすいかどうかというのもポイントです。また、子供が着るか大人が着るかによっても選び方は変わってきます。子供は大人よりも体温調整がうまくできないので、適した素材やサイズのものを見てあげる必要があります。用途や季節によって、自分に合ったベーシックピステを選ぶようにしましょう。