一年中大活躍するベーシックピステについて語ってみる

寒い季節には防寒着として、温かい季節には紫外線対策としてオールシーズンで大活躍するアイテムなのが、ベーシックピステです。洗い替え用に数着持っていれば、一年中重宝します。そんなベーシックピステですが、デザインとしては長袖であったり、半袖のものであったり、カラーやデザインなどバリエーションは豊かです。どのようなベーシックピステが売れ筋なのか、人気のデザインはどのようなものがあるのか検証してみます。

ベーシックピステの半袖と長袖

ベーシックピステには、長袖と半袖があります。一年中同じものを着用したいという事であれば、長袖を購入しておく方が良いです。半袖の場合は、基本夏場でしか活躍できないからです。長袖は夏場でも紫外線対策になりますので、特に女子サッカーをしている人たちには人気があります。

そういった紫外線対策などが気にならないという人は、冬は長袖、夏は半袖のベーシックピステを用意すると良いでしょう。

ベーシックピステの値段相場は?

一口にベーシックピステと言っても、種類や素材などで値段はさまざまです。ノーブランドのものならば、2,000円前後で購入できるものが多いです。

防寒性にすぐれているものや、紫外線をカットする力が強いものになると、5,000円前後まで値段は上がってきます。

また、半袖でも値段はあまり変わらず、やはり2,000円くらいから高いものでは8,000円位するデザインもあります。

高いものは撥水加工がされており、通気性や速乾性に優れているもので着心地も良いです。練習用や試合用で分けて、購入するというのもひとつの手段です。

ベーシックピステをオリジナルで作る

チームに加入しているなら、全員でお揃いのデザインのベーシックピステをつくるというのも人気があります。

ベーシックピステをオリジナルデザインで作成してくれるメーカーは、多くあります。自分だけでオリジナルを作るとなると値段が高くついてしまいますが、友達同士や部活などのチームで作ればコストも下げることができて、チームとしての結束力も高くなります。

デザインは無地のベーシックピステを選び、チームのロゴを入れ、学校名を入れてみるなど、仲間同士で楽しく案を考えるというところでも仲間意識が生まれ、そういった場面はプレイにも影響が出てくると言えます。一色プリントやカラーを2色以上使うかによって、値段が変わってきます。

まとめ

ベーシックピステは、一年を通して有効的に使用できるアイテムです。寒い時冬には防寒着、暑い夏には紫外線対策とその用途は幅広いです。

またチームでオリジナルデザインのベーシックピステを作ったり、長袖や半袖など用途によって種類を揃えたりとおしゃれアイテムとしても活躍するのがベーシックピステです。